大学病院での看護師の仕事

大学病院での看護師業務と、一般病院での看護師業務の違いを考えてみます。大学病院によっても違うでしょうが、一般論として考えてみます。まず、採血や点滴はドクターが行うのが基本中の基本になっています。しかし、現実問題では採血については看護師が行う場合が多いようです。
大学病院の看護師は点滴をする機会が少ないと思われがちですが、一概には言えません。大学病院でも血管に関する看護技術を上学ぶことはできます。ただ、点滴を施すのは医師なので、看護師が点滴をするということはありません。点滴は、まだ経験の少ないドクターである研修医が施す場合が多いと言えます。
一般病院と大学病院での仕事の違いを説明すると、大学病院では、主な仕事が看護になるということです。これは代表的な違いのひとつと言えます。
一般病院の看護師は点滴をはじめ、さまざまな仕事を任されます。病院によっては、かなり重要な仕事を任されることもあるようです。
大学病院ではドクターと看護師の仕事がはっきり区別されており、大学病院と一般病院では看護師が学べることも違ってきます。もちろん、どちらにもメリット・デメリットはあります。
自分に合った方を選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です